相続コンサルティング

相続を見据えた対策をご提案します。

現状把握・分析(推定相続財産・相続税の把握)

遺産分割対策の
ポイントicon03

  • 遺産分割しやすい財産とそうではない財産があります。
  • 遺言や保険などで受取人を指定することができます。
  • お客さまご本人(亡くなる方)の想いを伝えてください。

評価引下げ対策の
ポイントicon04

  • 時価と相続税評価額は必ずしも一致しません。
  • 不動産、資産管理会社、保険等を上手く利用して財産額の圧縮をします。
  • 財産額を減らすことのほか、収入を家族に分散させる方法もあります。

納税資金対策の
ポイントicon05

  • 財産の棚卸しによって、将来必要な相続税の納税額を把握し、支払可能かどうかを確認します。
  • 保全する財産、納税用財産、その他等に財産を色分けして相続に備えます。
  • 延納(分割払い)や物納(相続財産そのもので納税)を同時に検討します。

生前贈与対策の
ポイントicon06

  • 生前贈与は長期に亘る計画によって大きな効果があります。
  • 短期で効果を得たい場合は、特例を活用します。
  • いくら贈与をしたら最も効果がでるのかは、お客さまの状況によって異なります。
  • 貰った側(受贈者)の使用を、相続税の支払原資等に(実質的に)制限する方法があります。
Top